ニカラグア/フローレンシア ナチュラル精製

新商品のコーヒー豆のご紹介です。

 

今回はニカラグア。

しかもニカラグアではまだ珍しいナチュラル精製。

 

ナチュラル精製とは、収穫したコーヒーチェリーの果肉を

つけたまま天日乾燥させ、脱穀したものです。

なので、濃縮した果実感やワインのような香味を楽しめる精製方法です。

 

Exif_JPEG_PICTURE

Exif_JPEG_PICTURE

 

今回のフローレンシア(精製所の名前です。)の味の特徴は、

 

ミルで砕かれたコーヒー豆から香り立つ

甘い花の香り、蜜の予感。

ドリップすると、ラム酒や赤ワインの香り。

口に含むと熟したピーチ

の果実味。

長い余韻の後、すっと収まりクリーンな

後味。

 

ローストレベルはそれぞれのレベルで

素晴らしい香味を発揮していますが、

まずはシティローストで提供いたします。

 

 

ー 詳細 ー

輸送:ドライコンテナ
精製:移動式網棚を使用したナチュラル
品種:カトゥーラ、ブルボン 
生産者:ラス・セゴビア地域の農家数軒(クロップにより変わる) 
標高:約1,200~1,400m 
収穫:ピッカーによるセレクトピッキング
ドライミル:フローレンシア
脱穀、スクリーン選別、比重選別、ハンドピック、バキュームパック

 

 

IMG_8141